Sponsored Link





深夜の1時ごろから飲み始めた
今夜は、私の18歳までの頃を
ゆっくり思い出して飲んでいる

今月誕生日を迎え57歳に成った私は
毎日の生活の中では
過去の事なんか・・・
滅多には思い出したりはしない
何かのきっかけとか余裕がないと
そんな昔の事なんか思い出さない。

私が生まれた地は
それなりに幼少の頃の思い出が詰まり
脳裏に描き出される過去の映像は
わりかし鮮明で・・・

他の人の事は知らないけど、
私の場合の思い出は、
まるで写真でも撮ったかのように
映像としてのみ残るタイプで、

事細かい出来事などは
あまり覚えて居ない
でも、私はそれが気に入っている

イメージで覚えるか 
出来事そのものを覚えるか
イメージで覚えるか
文字や発言などで覚えるか


その辺りの記憶方法は
個々で生まれ持った何かの様に思う
その辺りの記述は無いかと
今・・・ネット検索としてみたら、有るね。

私のタイプは完全に視覚優位者

https://www.google.co.jp
記憶法 視覚優位

例えば私は今もそうだけど、
文章を読むときは斜めに読む、
文字を画像として頭で読み理解する感じ?

レジの仕事もそうだけど
19800円は
いちまんきゅうせんはっぴゃくえん 
ではない 
見た瞬間はそんな風にいちいち読まない

数字の羅列画像を
瞬時に脳裏に映像として・・・
焼き付けるので、


一度見た映像を、
その後も覚えてる必要が有るのなら
数分でも数時間でも数日でも覚えて居られる
ただ職場の場合は、
数秒間覚えて居るだけで良いので
次々に画像の記憶を塗り替えるので
不要と判断したものはどんどん消していく

得意技を生かすと言えば
瞬時に見た車のナンバープレートとか
ずっと覚えておくのも得意です、
前にそれで、小学校前に居た
性的行為の不審者を通報しました。

これはどっちが良いとかは無いはず、
ただの個性で、自分でちゃんと知って
うまく生かすほうが良い感じなだけかな・・・

さっきの検索で解った事だけど
視覚優位者は
カメラアイタイプと三次元映像タイプが
有るらしいけど私はどっちも得意です。
向いている職業は写真家、
画家、デザイナーと有るけど・・・正解です。


私は画家で有りイラストレーターでも有り
若い頃からの本業はデザイナーです。

此処に書いてあります ↓
あなたに最適な記憶法も分かる!?
自分の「認知特性」を調べてみよう

ま 調べなくても
自分の事なのですぐに解るはずだけど
見てみると面白い

自分を知るという事は大事ですね
関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ