Sponsored Link





49歳だったかな・・・
自営業を諦めて
外に働きに出ようと思ったのは、
最初はケーキ屋さんだったね。

何の仕事もきついんだろうけど、
お掃除のお仕事はきつい気はする、
うちの職場にも
クリーンサービスの人が入ってるけど、
65歳ぐらい~70歳の人ばかりだね、
その歳で、あの作業はかなりきつそう、
それでも、普通に頑張ってる姿を見ると、
ああ・・・私も頑張らなきゃなぁと、
元気を貰えてる気がします。

そんな中の一人に特別明るい人が居て
よくお話をするんだけど・・・
大きな企業に務めていて、
退職後にシルバー派遣とかで、
クリーンサービス業に入ったそうで、
厚生年金が長いし
すでにとっくに年金生活で、
お金には困っていないけど、
急に隠居する気はないからと
身体のために働いているのだと
いつも同じことを繰り返して言ってたりする、
それを裏付けるように、
週1ぐらいで私の職場のパートの人達に
1個200円ほどのおやつを、
30人分・・・ぐらい差し入れる
2日分のパート代金が飛ぶ計算で、
現在、生活苦の私には全く理解できない

高齢になっても働いてる人は
皆さん、生活が苦しいから?とか
もしかして年金が無いから?とか・・・
そんな風にしか考えられなかったけど

お金じゃない、
身体のためとか健康のために
労働する人も居るんだよね。

65歳過ぎで、お掃除とかの肉体労働、
私には、出来る気がしないんだけどな・・・

でも、そんな人の姿を見たり、
お話を聞いてると、
私も、65歳過ぎても、
がんばろうと思えるんだよね、

あ、いや、私は65歳までに
今のパートは辞めるつもりだけど
ちゃんと別の仕事で働くつもりだけど
肉体的な労働じゃない方なんだよね・・・

そうか、
そうなると運動の場所が無くなるか、
老後=第3的な人生には運動も必須だよね

ま、老後に成るまでに
その運動方法も模索しないだめね。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記