Sponsored Link





今日は晴れ間が多すぎて
完全に危ない晴天でしたので、
日焼けカットジェルを
腕やら首やら見える部分に
まんべんなく塗付してお出かけ中。
自転車で出かけるときは、
日傘などさせませんからね・・・

そう言えば
日焼け止めの涼感クールの物を使うと
体はいいけど顔は最悪ですね、
涼感は目にも影響して、
その後2時間ぐらい涙目ゆえに
鼻水まで・・・と最悪感じ。

ということでお出かけ中で、
とりあえず美容院です、

私はまもなく57歳に成ります、
孫が3人居まして
おばあちゃんに成って8年
ショートカットにするぞーと
美容院予約は入れたものの
いざ、カットとなると、躊躇する・・・
おばあちゃんの中の乙女心

「悩んでるなら・・・
切らないほうが良いですよ」と、
「徐々に短くしていけば良いんですよ」と、
直前にそんな風に言われると、
心の決断なんか速攻ぶっ飛びますね。

髪は女の命とか
言ってた昔の時代も有るそうだけど、
私の時代には 、そう聞きはするものの
そんな時代ではなく、
大して髪に執着など無いはずなのに、
な~んか踏み切れませんでしてね、

髪が肩について
少しクルンとなる部分が有る感じの
短さで止めておきましたのですよ、

でもま、ブラ下あたりまで有ったのだし、
かなり切ってすっきりした気分に成ったのは
間違いないかな

「徐々に短くしていけば」
と、言われたけど確かにそうですね
この年で、バッサリは心にちょっと悪いかも
後悔しそうという意味でね。

そうか、後悔のない人生・・・
石橋は叩いて渡れか、 
今回の髪の件もそんな感じかもね・・・
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記