Sponsored Link





一日中曇だったけど、
これはこれで
日に焼けないから良いかと
思えてしまったりする今日このごろ。

汗だくになりながら
自転車で職場に向かう途中で
元の住まいのすぐ裏の
医者の奥さんに会った、

1歳年下にも関わらず老けた人で、
どう見ても
5~6歳は年上に見えるので、
まあ、ついつい・・・
割りと丁寧語でお付き合いして
20年ぐらいの人なのだけどね、
大きな総合病院に
永い間務めていたご主人は
数年前に開業医に成って、
私の息子と同級生の子は医者になったし、
その下の次男も三男も医学生という、
超エリート一家だね。

で、医者の奥様の彼女は
元看護婦という、
普通にありきたりな感じ、
ご近所だったし
私の家庭が崩壊した様も
全部知ってるけど

うんまあ あれだね、
余裕のある人は上から目線で話すね

私は彼女とは長い付き合いなので
話す時とか卑屈な気持ちに成ることは
まず無いけど・・・なんかいつも
会話が上から目線的感じで話しかけられるね。

ま・・・ほかの人もそうだけど、
お金持ちで、生活に余裕があって
何の問題も無い人っていうのは・・・

私みたいな感じの人と話す時、
どうしても哀れみとか・・・
同情の気持ちが多少あるんだろうから、
無意識に、上から目線的な感じでの
会話になりやすいのかなあ・・・・

大丈夫だよ、
私はそんな風に哀れみの眼差しで見られても
上から目線で会話を振られても
ムカつくという感情は微塵も無いよ

ただ すごく不思議だなと思っただけ。

哀れまれても 困るんだよね。
私はすべてを無くして貧乏になったけどもさ・・・

私は、今のこの生活で
それなりに幸せなんだし
毎日が楽しいから さ

普通に話して欲しい って思う かな。

関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ