Sponsored Link





単純な指先の怪我のせいで、
日常的な作業がうまく行かず、
箸もペンも持てないし、
脱ぎ着すらまともに出来ないし
今日は1日ゆっくりしてた。

と言うか、
最も大事にしなきゃいけないとまでは
言わないにしても、
指とか手とか本当に大事ですね。

でもま、
キーボードは他の指で代用できるので
全く問題はなさそうなので、
ブログを書くには支障はないけど、
手を動かすと小さな振動でやや少し痛む。

手で思い出したけど、
馴染みのお客様がある日、お店に来た時、
鼻の横辺りと、どっちの頬だったか忘れたけど
片方側の頬を覆うように斜めに包帯を巻いて、
頭に巻いた黒いターバンの様なもので止めて、
お買い物に来たことが有って、
どうしたんですかと聞いたことがあるけど、
段差が有って転んだけど手が出なかったので、
顔ごと地面に突っ込んで
顔の皮がズルむけしたと
話していたことが有ったけど・・・


子供には多いらしく、
運動神経や反射神経に
少し問題が有るとか記載してあったのですが

http://search.yahoo.co.jp/s
転んで とっさに 手を付けない

検索して色々と見てると、
歳を取ると似たような感じになっていき
運動神経や反射神経にも老化がでて、
転んでも手を付け無くなる人も
増えるらしいと書いてあったりしたが、
お年寄りの場合手を付けば
手の負傷のダメージが大きくなるとも有った。

上で書いた転んだ人・・・
いつも一緒に買い物に来る娘さんの話では、
顔に凄く激しい跡が残ってしまって、
もう買い物とかお出かけは、
殆どしなくなったそうでお気の毒。

歳を取ると、肉体の衰えによって、
若い頃のような感覚のままでは
日常は過ごせない、
その辺りを、
50歳代~ぐらいからしっかり自覚しつつ
生きて行かないと
危険かもと思えたりした。


ついうっかり、これが一番怖い。
たぶん、大丈夫とか
勝手に思う心の油断だろうけど、
自分は老化したんだと
認めないと駄目なのかも


ま 今回のことで懲りたので、
いろいろ気をつけて行こうと思ったりした。

関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記