★ 

歳を重ね 物欲と大切な物が減りました。 そんな私が最も大切な”もの”


Category ♡ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ついさっき、
めちゃくちゃ甘いものが食べたくなったので、
介護中の元主人の朝ごはんのパンを買うついでに
FamilyMartまで行って
牛乳仕込みのサクサクとしたチュロッキー
110円(税込118円) ってのを買ってきたけど、

超・甘いものを欲してる時には最高かも。
あのね FamilyMart
https://www.family.co.jp/goods/bread/1535150.html

甘いものを一気に摂ったあとの
血糖値の関連での睡魔が嫌なので
分けて食べたら幸せ感が2回で2倍 ( * • ω • * ) ❗

若い頃はそうでも無かったけど
歳を重ねた今の私は
めっちゃ食べたいものってのが普段はあまり無いので

仕事中とかでも、お休みの日でも
”これが食べたい” ってなったら
仕事のある日には仕事帰りに買うし、
休みの日はしんどくてもコンビニとかに行っちゃう( * • ω • * )

そう言えば、食べ物に限らず
歳を重ねる度に物欲はどんどん減ってる様に思えますし、

物への執着が減ったと言うか 何というか、
大切な物も減りました。

例えば、今、なにかがあって
急いで部屋から離れなきゃならない事がおきても

これだけは持って逃げよう的な品は無い。
急いでるなら鍵すら持って出かけないかも。

元々、私は物への執着が全く無いし
物を大事にしようとか言う気持ちが人よりかなり少ないかもで

若い頃にブランド品を貰ったり
自分でもなんとなく買ったりしてた時期が
他の人と同じ様に有るんだけど

どんな品もただの消耗品という感じで
普段からばんばん使ってたし余り大事にしなかった、

若い頃からそれは変わらなくて
恋愛時代にカルチェの財布をもらったのに、
特別扱いせず、普通に使ってたので
「大事にしろと」 と怒られた事もありましたけど、
10万円する財布だろうが
1000円の財布だろうが何だろうが気に入れば普通に使う。

普通に使ってれば、
それなりに傷むのは当たり前。



大切にして、たまにしか使わず
引き出しに入れて眺める事が多いだけなら
もはやそれは財布とは呼べない気がする( Φ ω Φ )

歳を重ねても、それは全く変わってないし、
物に執着がないし、

今の私に特別に大事なものって無いけど
あえて選んでみたパソコンが例え盗難にあって無くなっても
不便だわねと思うぐらいかも (; ´・ω・ )

家とかお金とか
生きるために必要なものは多いけど
例えそれらが無くなっても 無くなったら なったで 
また・・・なんとかすれば良いし何とでもなるから大丈夫。

そんなこんなで 
私は・・・歳を重ね、更に物欲とか
大切な物とか・・・”もの”が減りました。  

「 モノ・もの・物 」 の違い

今の私が
この世で最も大切な”もの”は自分の命

たぶん同年代の人の多くが、
同じ様なものでは無いかしら

若い頃は自分より大事な恋人がいたり
結婚して子供を生むと、
子供のほうが自分より大事だったりしたけど。

更に歳を重ねて、我が子も独立して 

自分の人生も先が見えてきたりなんかして

今は自分が1番大事になっちゃいました。

PVアクセスランキング にほんブログ村 * 50代 と60代を語る私の脳内 * - にほんブログ村
関連記事


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので応援してくださいね ( * • ω • * )

Category ♡ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    にほんブログ村 シニア日記ブログへ







ブログ村注目ハッシュタグ