Sponsored Link





今日の天気に
少し期待したけど、激しく曇り
お洗濯物は乾くだろうか

些細な事を気にかけつつも
日常は普通に淡々と過ぎて行く

私には息子が一人いる。
時折というか、
毎日のように息子のことは考える。
私にとって息子との距離は
果てしなく遠いものだなと感じるけど、
実のところ、1kmほどの距離に
息子は住んで居る。

一緒に暮らしていた時は、
息子との距離は全てにおいて0kmだった、
毎日のように話すしいつもそばに居た、

結婚してお嫁さんをもらって子供が出来て、
もうあれから7年という歳月が経ち、
息子は孫を3人も作ってくれたけど、
年1回かせいぜい2回しか会う機会はない。

たった1kmの距離は、
いつでも会えるじゃないか、という距離で
『そうねいつでも会えるからね』と思っていたけど
家族をたくさん作った息子は多忙すぎて、
電話で捕まえる事すら大変なのが現実。

確か・・・今年に成って1回3月に会った、
メールを3回ぐらい送って、1回返答があった。
もう9月になったのに、今年はそれだけの繋がりだ。

今月は私の誕生月なんだけど、
そんな事など、すっかり忘れているだろう。

本当の気持を言えば
0kmの手元に置いておきたかった。
でも私たちには色々と有った、有り過ぎた。
一緒に暮らせなく成って、もう5年ほどは経った。

息子との距離はどんどん開いてしまう。
関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ