kusabana.gif






肝硬変末期で肝性脳症にも成っている
元主人の事は
私だけではどうしようもないので

まずは訪問介護の人をお願いして
来ていただいていますが
次に障害者総合支援を受けようと思って
障害者福祉の担当者が元主人の家に来て

訪問看護の人とかお役所の人に
「介護に慣れてますね」
とか言われたりしますけども
ぜんぜん嬉しくないですね。( ・ω・` ;)

姑の介護は
私が30代~40代の頃でしたし


私の日常がどんどん崩壊していくし

もともと姑には結婚を反対されてましたから
愛も情もほとんど感じなかったから
介護は苦痛以外の何物でもなかったけど

たぶん相当ひどい
母親だったのだろうと言う感じで
実の娘二人に縁を切られて
10年以上音沙汰がないままボケて
実の息子(元主人)にすら嫌われていて

かわいそうな人かもと思う気持ちだけは
それなりにはあったので
仕方なく介護をしてただけの話ですので

介護に慣れてますねとか言われたりすると
昔の事を少し思い出したりなんかして
何だかなあって思えてしまうわけです。

あのね あじさい その10

まあ、高齢化社会ですから、
これから先は・・・介護で悩む人が
どんどん増えて来るのだろうけど、
介護に慣れてるからと言って
楽になるわけじゃない。

何も知らないでやる介護は、
適当にしか出来ないというか
何をしたら良いかわからないというか
とにかく、わからないんだから、
案外手抜きに成っちゃうんだけど

色々知ってると
色々やってあげられるというか
色々やっちゃうというか・・・

細かい気配りが出来るように成った分だけ
余計な気を使いすぎて疲れるだけです。

姑の介護はたしかに長かったけど
出来ることしかやらなかったという感じだから

程々の適当程度が丁度いいのかもと

元主人の介護を始めた
今の私はそう思えます。

っていうか、
なんでこんな話題になったかというと

先日・・・
「手をかけすぎです」
って訪問看護の人に
言われちゃいました ( ・ω・` ;)

見守りカメラまでをつけて
それをずっと眺めて・・・

布団をかけてない程度で駆けつけるとかは
過保護すぎると言われ反省しておきました。

程々にしないと長続きしない。

確かに そうかもと・・・

関連記事
ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加して楽しんでいます
ぽちっと応援してくださいね。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ    

BlogMura
女性シニア
ライフスタイルブログ
その他生活ブログ
貧乏・生活苦
シニア日記ブログ
50代の生き方

PVアクセスランキング にほんブログ村

main BLOG
main BLOG


kusabana.gif




kusabana.gif




テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ