kusabana.gif






元主人が退院してまいりましたが

初日の感想をひとことで言うなら
そうねえ (。ŏ﹏ŏ) ・・・ 

子供を生んだ時、
”息子から目が話せなくて困った”
あの時の感覚に似てます。

私は息子を置いて
絶対に出かけなかったけど

病気の元主人を連れていくわけには
参りませんからね(@_@;)

コインランドリーに行くときも
ちょっとお買い物に行くときも
なんだか心がざわざわしまくりで怖い

あのね きいろいの 花なの

足に浮腫があってまだやばいから、
うまく歩けないけど
のたのたしつつも歩けてしまうから
よけいに怖い・・・

肝性脳症も少し有るし
統合失調症も有るので
ボケた事を申しますし、
部屋から出てしまわないかが、
気がかりでしたが、

立ち上がるのも大変で
トイレに行くのすらも大変そうで
這って行くこともあったので
むやみやたらに外に出る事は
できないと思うんだけど

できないだろうと思う事を
やってしまいそうで怖い
無理に出かけようとして
階段から転げ落ちたりしないか怖い。

認知症の姑を思い出すのですが
姑の場合は足腰が丈夫で
ボケた頭で数キロ平気で歩くものだから
探し回るのに
警察のお世話になったりしました
一番最悪なパターンかも知れません。

なので、それと比べたら
足がまともに動かないのは
良い事なのかもと思う事に
しておきます。
関連記事
ランキングに参加して楽しんでいます
にほんブログ村 シニア日記ブログへ    

PVアクセスランキング にほんブログ村

main BLOG
main BLOG


kusabana.gif




kusabana.gif




テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記