kusabana.gif






ここ1ヶ月の私のお休みは殆ど全て
入院中の元主人のために費やした感じだけど、

コロナのおかげで家仕事が無かったから
なんとか可能だったって事には成るから

うーん ( - ω - ;) どうなんだろうね
仕事がなくて良かったと思うべきなのか、
難しいところだわね。

でも、その分収入が落ちてるから
死活問題では有るけども、
新型コロナ10万円給付金ってのが
そろそろ申請できるのだろうし
5ヶ月ほどはそれでチャラ
って事にしようとは思ってますけどね。

60歳にも なって貯金がないとか
ちょっと情けない話だよね~とか
私はたまに思ったりはするのだけど

家計の金融行動に関する世論調査では
60歳以上の一人暮らしの場合
約33%が貯蓄がないという結果だそうで、
それは3人にひとりって事になりますから
珍しいことでは無さそうで・・・

でもって、60歳以上の世代には
かなりの差があるらしくて
60歳以上の高齢者世帯の4分の1は
1500万円以上の貯蓄があるそうです。

その差を生んる理由は色々ですが

知り合いの例で言えば・・・
お子さんが居ない人はお金がかからない

知り合いの夫婦にはお子さんができなくて
ペットを可愛がって育ててる程度なので
そんなにお金はかからない。

あのね 貯金

ひとりでも大変なのに
子供が増えるごとに出費は増えて
私の息子のように
子供が3人もいたりなんかしたら、
お金はどんどん出ていくから
本当に大変だと思うわけです。

後はマイカーが有るかとか、
都会なのか田舎暮らしなのかとか
収入の差も大きく関わりつつ

親の持ち家に住んでるから家賃が要らないとか
その辺りもすごく大きいわけです、
家族4人で、賃貸に住んだとしたら
10万円として年120万円
30歳から~60歳まで同じだったとすると
120万円×30年間という事になり
なんとまあ
3600万円と大きな金額になる。

なので平均して35歳ぐらいから
家賃にお金を払うなら家を買おう!
って思うようになり、
30年ローンを組んだりなんかして
65歳の定年ぐらいまで過ごすわけですね。

そういう場合でお子さんが居たりなんかしたら
お金が貯まらないけど、
物件という資産が出来るって感じですね。

その家にいずれ独立した息子さんが
一緒に住んだりしたら
息子さんには貯金ができる余裕が生まれる

まあ、そんなこんなで、
とりあえず

ひとり暮らしの3人にひとりは貯金がない
それに私が当てはまったりしてるわけだけども、

そんな人は多そうだから
まぁいいかあ。 ( *´ ︶ `* )

関連記事
ランキングに参加して楽しんでいます
にほんブログ村 シニア日記ブログへ    

PVアクセスランキング にほんブログ村

main BLOG
main BLOG


kusabana.gif




kusabana.gif




テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記