kusabana.gif






あのね はっぱ

先日書いた記事
2019年03月22日
人って結局、
同じ様な思考に落ち着いて行くよね

そこでは書かなかったけど、

人は歳を取ると
死に近づいて行くからなのか
多くの人が、歳を重ねる毎に
ちょっと信心深くなり、
若い頃にはしなかったような
神仏へのお参りが増えてそうで

私もいずれは、
そんな風に
変わって行くのだろうかと
なんとも言えない
もやもや感を持つ事、しばしば。

実のところ私は
昔も今も完全なる無宗教で
信じるものは己のみなのに、

イベント的な初詣に
赴いていた時期があったり

幼い頃の息子は病弱で
生死に関わる病の床の傍らで
藁にもすがる想いで
天を仰ぎ神や仏にすがったり
身勝手極まりない脳内思考が
私にも間違いなく有ったけど

還暦の年を迎えた
今はどうなの・・・と、
自分に問いかけてみても
いやいやいや・・・
神も仏も己の心が生み出す
脳内偶像に似た何かであって
現実的に存在しうる物ではないと
やはり、あくまでも神仏否定派で。

でも、
”心の拠り所的にすがりたい何か”
と言う意味合いに置いてなら
有りなのでしょう。
とは、思ってたりはします。

人は窮地に追い込まれると
何かにすがりたく成り・・・
そういう不安な気持ちを
神や仏に委ね・・・託し
安心感を得たいと思ってる人が多い
という事だろうなと思いますので

私はそれを否定しません。

むしろ、
信じ、祈り、崇める事で
心の安定をもたらすのなら
大いに有りだろうなと思っています。

でも・・・私は
今の苦労程度では、
何にも、すがったりはしない。

人は
歳を取り死に近づいて行くと
信心深くなるのは
間違い無さそうだけど


私は、いつ・・・・
そんな心境に達するのだろうか



関連記事
ランキングに参加して楽しんでいます
にほんブログ村 シニア日記ブログへ    

PVアクセスランキング にほんブログ村

main BLOG
main BLOG


kusabana.gif




kusabana.gif




テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記