kusabana.gif






私は、今年の秋に
59歳になりましたので
来年の秋には
還暦を迎える御身ですので

それなりな人生を
積み重ねて来てる
と言うことになるわけでして

この歳になると
さらに年老いた
ちょっと先の自分というのを
ある程度は想定できてしまう訳で

10年後の私は
( ´ - ` ) .。oO モヤモヤ
((((( ああ、私はもう69歳なのよ
来年は70歳に成ってしまうわ))))

今と同じような事を
つぶやいてるんだろうなとは
思いますけど
さらに老けてしんどいだろうし
もっと悲壮感が有るはずですね

でもって
動体視力の衰えは止められず
同時に反射神経の衰えも有り
動作が鈍くなってるのは
間違い無さそうですね

そんな色々が有りつつの
私の望む老後の生き方としては

上品な老後ってのを
迎えたいなとは心では思うけど
絶対に無理だと
すでに解っています。

上品な性格とかしぐさとかって
生まれてから育った環境とか
生まれてから歳を取るまでの
40年 50年 60年という
深く長い年月の
積み重ねの結果なので

上品な環境に嫁いだからといって
付け焼刃的に
上品に成れるわけでもなく

結婚するまでの人生で培った
本性的なものは変えられないから
表向きのみ仮面をかぶって
上品さを装うしか無いけど
心はかなり疲れそうですよね。

50年~60年
極普通の生き方をしてきた人は
性格とか、考え方とか、
振る舞いとか趣味嗜好に癖とか 
何十年と掛けて
自分らしく染まったそれらを
急に変えることは出来ないと
私は思ったりしますので

上品な老後ってのは
私には無理だろうけど

ちょっとは変えられるかもの
些細な、しぐさとか
話し方とか雰囲気とか
少し少し変えていきたいなとは
思ってます。

ただの
自己満足で終わりそうだけど 
(๑•̀ㅂ•́)و✧

関連記事
ランキングに参加して楽しんでいます
にほんブログ村 シニア日記ブログへ    

PVアクセスランキング にほんブログ村

main BLOG
main BLOG


kusabana.gif




kusabana.gif




テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記