Sponsored Link





そう言えば
最後に孫に会ったのは
いつだろう

孫は可愛いと言うけど
孫に会えない私

私は息子にさえも
会うことが殆どないのに
孫に会えることは尚更に無いね

但し、嫁は実家が近いので
なにかといえば
実家に遊びに行くから
嫁の両親は好きなだけ
孫を可愛がることができて
実に羨ましい

そうだね、
娘は自分の親に甘え
何かというと実家には帰るが
夫の親に会いに行くのは嫌がる

ましてや夫の親と
一緒に住むなんて
針のむしろ以外の何物でもない
という言うのが
世間一般的な常識で

私も自分の若い頃を思い出せば
息子が幼いころは
息子をを連れて何度も
実家に帰ったりしたものだけど

主人の実家には、
よほどのことがない限り
息子を連れて遊びに行く
なんて事はしなかった。

ちょっと
違う気もしないでも無いけど
こういうのも
因果はめぐると言うことだろうか

世の中すべて堂々巡り
過去の因縁に応じて報いがある
自分がしなかったことは
同じように自分もされる的な感じかな

でもまあ、嫁は無職なので
時間が有り余ってるから
頻繁に実家に遊びに行くのだろうけど

実家のご両親は
仕事をなさっているし
あまりにも頻繁に
孫の世話を押し付けられるものだから
仕事と孫の世話は大変だわと
ボヤいておられたことも有って

私は生活苦故に仕事が大事で
孫を押し付けられたとしても
私はそれに応じられない訳で

孫に会えないのは悲しいけど
仕方がないと思うしか無いのだわ。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記