Sponsored Link





今朝・・・
おしゃべりは認知症予防に良いってさ
というブログを書いたけど

その時に
思った事が有るんだけど

よくたべる

横に座っていた
ご高齢のご婦人の3人組
よくお話しになっていたけど
話しつつ、食べる食べる凄く食べる

確かお好み焼きと焼きそばを
召し上がっていたのだけど

お惣菜の
焼きそばとかお好み焼きとかは
かなりしつこいはずだけど

焼きそばもお好み焼きも
びっくりするほどに
あっという間にぺろりと平らげた
凄いなと思ってみてたけど

昔世話をしてた姑も
ものすごく良く食べましたね
認知症を患ってからは
尚更によく食べてましたね。

しかも私の実家の両親も
朝早くから、めっちゃよく食べる

私はと言えば
寝起きは食欲があまりなく
朝ご飯はいつも食べないものだから
実家に帰ると必ず
朝ご飯はパスと言い、
昼まで何も食べないけど
その昼になると、
両親も又一緒にもりもり食べる
両親は父が87歳
母が82歳になったはずなのに
食欲がすごい

内蔵年齢が若いのだろうか

https://www.google.co.jp
よく食べる高齢者はとても元気

こんなもの有るね
https://www.google.co.jp
高齢者こそ肉を

よく食べる高齢者は
胃腸が丈夫で長生きする
ということなんでしょうね。

食べることって
意外とパワーが要りますからね
よく食べて体内の代謝も上げて
消化でもカロリーを使って
胃腸を活発に保ってと
巡り巡って元気の源になるって
感じかな。

私みたいに・・・
朝とかの食欲がない事自体が
駄目なんだろう

関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記