Sponsored Link





今日は雨予報だったから
半額品がたくさんあったけど
節約中の御身ゆえに
見て見ぬふりをして
余計なものを買わずに
必要なものだけを買って帰宅しました。

そう言えば、以前
300万円貯めたいと書いたのだけど

たまたま見ていた記事に
300万円あれば
何とかなる的な事が
書かれていたので読んできた

そこには
働き続けることを前提にすれば
と付け加えられた上で
いざという時のためのみの
老後300万円と書いてるだけで

仕事が、できない人とか
年金では生活できない人ってのは
対象には考えていない300万円
なわけだろうけど。

私にしたら 老後の貯えは
お一人様300万円あれば
十分な気がしてたりする

私は
300万円の余裕金があれば
もしもがあっても 
ある程度はのり切れそうだし
大丈夫じゃないかなと思えるので
私の老後の備えは300万円で良い

65歳までに
300万円の貯金を目指してる。

甘い考えかもしれないけど
よほどの事って
特殊なことのような気がする。


持ち家で家賃が要らないのに
年金で生活できないと嘆く人は
どんな老後生活を望んでるのか
私には解らないけど

年金で生活できないなら
ミニマリストって感じに成って
家や土地や家財も
売れるものは全て売って

お安い公営の賃貸に住めば
家にかかる費用も税金も不要で
光熱費系も激減されて

家を売ったお金も有るし
年金もあるしで
そうとうお金に余裕のある
素敵な毎日が
過ごせるんじゃないかなと
思えちゃったり。

無理してまで
持ち家を維持するのは
本末転倒だね

子供に財産を残そうという
考え自体が私にはわからないし

あの世まで
家などの財産は持っていけない
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記