Sponsored Link





今日はお休みだったので
色々とやりすぎてバテた

真夏の暑い日に
お風呂場で大物の足踏み洗濯とか
全身から汗が吹き出して
最高にエキサイティング

と言うか凄く良い運動に成るけど
流石にこれ、
高齢になってからは無理かな

洗濯機が買えないほど
貧乏なわけじゃなく
良い運動に成るので
買わないだけなのだけど

当分はまだ洗濯機は要らない
足腰にガタがきたら洗濯機は買おう

何ていうかな
窮地に追い込むという感じではなく

有ったらあったで楽だろうけど
別に楽をしたいわけでもなくて

無いならないで、
毎日手洗いとか足踏みとかで
頑張るしか無いわけで
それが日常に成れば
それはそれで苦にならない

住まいに関しても実はそうで

息子と暮らすのをやめて
ひとり暮らしに成る時

職場の近くに、
物件は沢山有ったのだけど
あえて適度な距離のある
今の場所を選んで引っ越しをしてる。

3km程度の距離なら
自転車と徒歩で良い運動になる
適度な距離だから。

仕事なら、絶対に毎日、
職場までたどり着かないと駄目だから。


仕事に関しても似た感じで
定年は70歳になったものの
何歳まで勤められるのか解らないし
何歳まで務めるつもりなのか

本当は65歳まででいいなかと
思ったりもしてるけど
もしかしたら定年前の69歳まで
頑張っちゃうかもしれないとか
思いは色々だったりしてる。

でも、頑張っちゃってたほうが
実は・・・自分には
良いのかもとは思ってる。

洗濯機の件にしても
住まいの件にしても
定年問題にしても、何にしても。

それらの
頑張り的な気持ちを得るために

背中を押すような、
何かが有る方が


私は良いのかも知れない。


関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ