Sponsored Link





私は
ひとり暮らしに成って6年半が過ぎ
間もなく7年になりますが

老後をこのまま、
ひとりで過ごすほうが
絶対気楽でいいなと思えています

そう言えば
老若男の女に関わらず
ひとりが好きな人が増えてるそうで

https://www.google.co.jp
ひとりが好きな人が増えてる

高齢者にも
そんな考えの人は多そうです

この本の目次に
『60歳以上460人に聞いたところ、
ひとり暮らしを続けている人が
家族と同居している人より
満足していることがわかりました』
とあります。

老後はひとり暮らしが幸せ


私は離婚してから
息子夫婦と1年一緒に暮らしました

孫の世話をしたり、
それなりに楽しかったけど、
途中から少し
苦痛に成ったりもしました。

とにかく、気を使うのです
気を使う生活は
とても楽しいとは思えませんよね。

息子のことは気には成りましたが
結婚した時点で
息子は嫁に任すのが
最も正しい選択だと思えました。

なので、
息子と一緒に暮らせなく成るのは
寂しいとは思ったけど、

嫁のためにも息子のためにも
そして私自信の為に

私はひとり暮らしを選択して
息子たちの家を出て
ひとり暮らしをはじめました、

若い頃の独身時代以来の
30年ぶりの、ひとり暮らしで
最初の1~2年は寂しかったけど

同時に
ひとり暮らしを始めたその日から
人に気を使って生きなくて良い
気楽さを感じました。

当然のように、息子や嫁も
私に気を使っていたはず、

ですので、双方、
それなりに気が楽になったとも言えます。

孫がいる年代ともなると
人に依存しないと
生きていけない年齢ではなく
ひとりになっても普通に生きていけるはずで、

むしろ、上にある本に書いてるように
私は、ひとりになるべきかもと
思えてなりません。

生命には限りが有り
人の人生というのも、
限られた年数しか無い

人のために家族のために
数年を費やしたのだから
残りの人生を自分のためだけに
使っても良いのではないか?

私はそう思えてなりません。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記