Sponsored Link





昨日の木曜日は
パートはおやすみでしたが
素晴らしく多忙な1日でした。

若い頃も
それなりによく働いたけど
なんかちょっと
気持ちの面で違う気がする

文章であの頃の気持を
表現するのは難しいけど
自分の生き方とかに
こだわっていたわけじゃないし
生きる事に対しての
執着みたいなものではなく
単にその時を楽しむだけに
働くという感じだったように思う。

要するに若い頃の自分自身は
とても不安定だった気がする
不安定だからこそ
安定させたいから頑張ってた。

若い頃は誰でもそんな感じかもと
思えたりはするかな
20代の頃とか、30代の頃から
老後の事など考える人は少ないはず

そして歳を重ねていって
少し少し自分とか生活を安定させて
40代になると落ちついてきて
50代になると頑張った結果が出始める

50代ってパワフルなのかも
50代は、まだそんなに歳でも無く、
人生経験をそれなりに積んだ後で、
きっちりした自分の生活基盤を作り上げ
それはある程度根を張り安定していて
気持ちの中である程度の自信が有る

そしてやっと
老後の事を考えられるように成るし
なおさらに頑張ろうと思える様になるね。

私はもう50代も後半で
間もなく還暦という節目に成るけど、
50歳になってすぐの、
あの頃の気持を思い出して

とにかく
きっちりした自分の生活基盤を
整え直したいですね。
関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ