Sponsored Link





今日は、久々な感じで
少し自律神経の乱れを感じた。

そんなものをどう感じるのかって、
人生57年も生きてると、
大抵の人は解るんじゃないだろうか
という感じの症状です、

若い頃はそれが解らなくて、
めまいが有れば病院へとか
耳閉感が有れば病院へとか、
そんなのをやったことがない人には
もしかしたら解らないかも知れないけど、

いずれも検査をしても
何も出ないってのを繰り返し
自律神経の乱れかもですね、などと
適度に済まされてしまってましたので
それなりには
把握するように成りましたね

私の場合
自律神経の予兆が少し解る様になった

何かしらの行動時、ふっとした時や
ちょっとだけビクッとした時とか
体の何処かに
瞬間的なピリピリ感が少しあると
あ、もしかしたら今日はと、少し身構える

そんな 敏感な感じな
予兆みたいなものを感じた場合は
たいてい自律神経が乱れて行く

何気に、だるさが有ることに
気がついた・・・と思ったら その後
軽いめまいとか、瞬時発汗とかが出て
偏頭痛的な痛みに肩こりもと続くから
自律神経が乱れているのが解っていく

今日は仕事中にそれらが出たので、

レジの立ち仕事中の
1~2分の待機タイムを利用しつつ
とにかく自律神経には呼吸法という事で
呼吸法を意識しつつ
最初に鎖骨のリンパを流した後
指のV字ライン下の手ツボを流し、
耳マッサージも挟んで耳リンパも流しと
来客の隙間を縫って出来る簡易対処で
めまいや偏頭痛とか肩こりは収まる

呼吸法は素晴らしく効果的

https://www.google.co.jp
自律神経と呼吸法

大切なのは息を吐くこと
関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ