Sponsored Link





ひとり暮らしで
老後を迎える人は多いけど

賃貸ひとり暮らし
老後貯金について検索してみると、
参考になりそうな物など無い。

最終的に私が行き着いた答えは
①生活を見直してコンパクト生活へ
②必死で人より多く働こう
③そして余り金を少しでも作って貯金
という具合で
当たり前の事しか無いわけで、

要するに欲望を押さえ込み
地味に質素に節約して、
楽しみはお金のかからない事のみで
楽しみを何としても見つけ
人との付き合いも選び、
金の掛からない人とのみ付き合いか

もっと具体的に書けば
自分のためなら
頑張れるんじゃないの精神で
ぎりぎりの状態でも絶対健康を保ち
例え70歳過ぎても
仕事があるなら働けるまで働いて
定額貯金をしてしまうなど
強制的に老後貯金を行い老後に備え

婦人会とか老人会とか何とか会とか
親類縁者、などなど・・・
人と親睦を深めたりすると
飲み会食事会お茶会やら、
冠婚葬祭費用とかで
必死で毎月5000円貯めたとしても
一瞬で数カ月分の努力が飛んで行くので、
その辺りは全ておつきあいをお断りして

楽しみは散歩とか
ネットで無料配信の映画を見るとか
ネットで誰かとしゃべるとか
とにかく金の掛からない楽しみに切り替え

親のことも気にかけてる場合じゃ無いと
実家にも帰省せず、
友人とたまに旅行とかとんでもなく
外食なんか絶対駄目よで
1年365日休むこと無く働いて
尚さらにネットでも小金を稼ぎ

健康面だけに気を使い、
必死で働き小さくなって生きると 
きっと貯金は出来る。


預金も財産も何もない私が
老後貯金を何としても貯めるためには
そんなふうな生き方を
57歳の今から~70歳すぎてもしないと
まともな老後貯金は出来ないはず。

人生後半になって
そんな生き方 か 
わがままかもしれないけど
私は
そんな生き方はしたくない


今そんな考えだと
私には素敵な老後は
迎えられそうに無いかも知れない。

関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ