Sponsored Link





日中は少し暖かかったけど
夜になると流石に冷えてきた
それでも5℃ならかなりまし。

そう言えば昨日、
職場を変える事も視野に入れて
色々安い住まいを探していて

ついでに、求人関連も見てたけど
今は昔のような年齢制限的な項目が無く
募集してる年齢層が実に曖昧で
募集してるのが男女どっちなのかとか、
色々不明だったりした。

私は昨日
初めて知ったことが有ります
ほんと。この歳になるまで知らなかった
いつからそんな法律が。

求人について初めて知った事
https://www.google.co.jp
求人 法律による禁止事項

性別を限定しての求人はだめで
年齢を限定する求人もだめらしく、
おまけに最低賃金以下の求人もだめっと

表向きの
求人募集事項において
性別年齢とかの制限とかを
明確に記載してはならないルールの様で

なので・・・60歳以上でも
問題なく申し込めると言う事になるから
60歳以上だとしても
仕事はいっぱいあるようにみえるけど、

高齢者を雇うか雇わないかは
雇い主が決める訳で、
公表していない様な、
ある程度の内輪規定みたいなもので
判断するのだろうから
探す方としては
実は厄介なんじゃないかなと思ったり

厚生労働省に寄ると
雇用対策法が改正され、
平成19年10月から、
事業主は労働者の募集及び採用について、
年齢に関わりなく均等な機会を
与えなければならないこととされ、
年齢制限の禁止が義務化されました
と記載が有りました。

均等に機会を与えるのは良いとして、
最終的に、雇用を決めるのは雇い主。
雇い主側が・・・
60歳とか絶対無理、勘弁して欲しいと
思っていたとしても、
募集要項に明記できないから、

職を探している人からしたら、
60歳過ぎていても大丈夫と思って
履歴書用意してチャレンジしても
断られるパターンが山ほどあるはずで、

それって仕事を真面目に探してる人にしたら、
期待して申し込んでみても
実は無駄になる現実って事ですね。

無駄に悲しい思いになる

法で縛って明記を禁止して
結局は同じことの様な気がしないでもない、

どっちにしても、
周りの人の話をよく聞く機会があるので
少しは解るけど
60歳過ぎの仕事探しは
色々と厳しそうだったのよ 

やはり、今の職場にしがみついて
65歳まで勤めたほうが得策なのかな
 
関連記事
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ