Sponsored Link





接客のお仕事をしてると
色々と、初耳の話も
いっぱい聞けたりして、
それなりに私の知識は
増えてまいります

特に興味があるのは
老後の過ごし方とか、
認知症への対策

最近、少し気になる話を聞いたので
話題にしてみます。

ある、ご高齢のお客様が
半年ぐらい前に
落ち込みやすいとおっしゃっていて
環境が変わったからかな
なんておっしゃって居たのだけど、
娘さんと一緒にお買い物に来なくなって、

その後、その娘さんから、
ちょっと、認知症っぽい症状が出たけど
うつだったらしいと聞きました。

娘さん家族と同居なさって居るけど、
昨年の4月から
お孫さんが学童に行くようになったそうで
お孫さんの世話をしなくて良くなって
昨年の秋頃から、
少しふさぎ込むようになったとか。

https://www.google.co.jp
シニアうつ 高齢者うつ

検索してみると、
色々なきっかけが有るのですが

お孫さんが小さい頃は、
お祖母ちゃまが
幼稚園の送迎をすべてやって
生き生きと楽しく過ごしていたけど
お孫さんが学童に行き始めたから
やることが無くなってしまったという

老後の自分の仕事って言う物がなくなって
他に、それを埋める何かが無くて
心が虚しさを覚えるようになった
そんな感じの
お話だったと言うことです。

人って、誰かの役にたっている時は
わりかし、脳もしっかりと働くようですね、

でもその何かってのが
急に奪われてしまった時
他に自分の楽しみ的なものが
全く無かったのなら
大きな穴が産まれてしまうのでしょうね

人間は成長していくものだし
環境は変わるものだし、
永遠に今という時間が
続くことはないのだから

ひとつだけの事に
依存しすぎては成らないと
言えるのかもしれません

お孫さんの世話は
楽しいかもしれないけど
同時に、他の楽しみも
いっぱい持っておけば、
環境の変化に
それなりに対応出来るのでしょうね。

その方の娘さんも
その辺りを解ってるみたいで、
色々と対応を始めたみたいです。

うつ的な症状が早く治って
一緒にお買い物に来れると良いなと
思ったりしましたね。

これは、そんな人と接しないと
解らなかった事でした、
私も気をつけて生きていこうと
思いました。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記