Sponsored Link





今日は特別出勤で
公休日だけど出勤させてもらった

お仕事を頂けることに
感謝しつつ働いてきたら
なんか張り切っちゃったけど
疲れがなくて
不思議な高揚感があった。


帰宅してから、ご飯を作るのに
蒸し器を探したけど無かった・・・
ああ そうだった、捨てたんだ、
思い出すまでに1時間かかった。

ひとり暮らしになる引っ越しの前に
大きな引越をして・・・
その後に、
ひとり暮らし引っ越しをしたけど

引っ越しのたびに、
不要と思うものは捨てた


料理が好きな私が、
料理器具まで捨てたのは

家族の為には
ご飯を頑張って作れるだろうけど
ひとりになったら、
どうせ適当で作らないと踏んだから、
色々捨てたんだったなと、
ひとり暮らし7年目に入って、
あの時の自分の気持が
やっと思い出せた。


家族が分断したあの時の事を、
私は、余り思い出したくなくて
忘れたふりを、丸6年もしてた。

そしてひとり暮らしに成ってからは
更に終活と称して、
どんどん色々なものを捨てた。

もう なんでも不要と思った物は捨てた
昔の洋服とかもどんどん捨てた、
それで・・・・私の心が
軽くなると、勘違いして、捨てた。

でもさ、
確かに部屋はスッキリしていくけど、
心はどんどん寂しくなって行くことに
最近・・・気がついた。

終活もどきだけど・・・
似非断捨離しすぎて 
私は、反省の日々だよ。


もう今後、
何かを捨てるのは、
自分の、最後の日ってのが
見えはじめてからにしようと思う

それは もっと もっと 先の・・・
自分の死期ってのが・・・
ある程度解ってからにしようと思う、

でないと、心が折れる
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ